ワキガ体質の苦悩と対策方法について

ワキガ体質の苦労と対策

昔からワキガ体質で苦労しています。自覚するようになったのは高校生くらいの頃で、思春期を迎えるくらいから症状が出始めてきたように思います。まず脇汗のせいで服の脇部分の色が変わってきてしまうことがありました。体操着なんかも新しいのをすぐ買わなければいけなかったり、制服を着ていてもすぐ脇汗をかいてしまって変色するので、なるべくセーターを着ているようにしました。

 

特に残念だったのが、薄手の服を着られないことです。グレーの服なんかを着たりしたらすぐに目立ってしまって、汗をかいてもばれにくいような色の服やデザインしか着られないのが嫌でした。脇汗に悩むようになってからは、脇汗パットをつけたり、ロールオンタイプの制汗剤を使ったりするのですが、それくらいじゃ汗は抑えられないのが辛いです。

 

バイト中や授業を受けている時にも、汗かいてきているんじゃないかなって汗じみが心配になってきてしまって、気が気じゃありませんでした。常に人目を気にするようになってしまい、つり革もつかめなかったり、なるべく手を上げないようにもしていました。結局今も根本的な解決方法は見つかっておらず、ばれないような服を着てしのいでいます。汗じみが怖くて制服があるような仕事はできません。

 

ワキガ対策の薬用クリーム

 

世の中には色々と悩んでいる人がいます。その一つとしてあるのがワキガです。これは殆ど体質でもありますから、避けることは自力では不可能に近いわけですが、対策ができないわけではないです。その方法としてあるのが薬用クリームです。このクリームのよいところはまず、汗を吸収してくれるようになります。腋に直接塗るわけですが、これによって汗が揮発することを防いでくれます。

 

そして、その腋にいる雑菌の繁殖も抑えてくれるようになります。この二つの効果がありますから、ワキガ用の薬用クリームというのは、基本的にお勧め出来る要素が強いわけです。費用がかかる行動ではありますが、これでワキガを少しでも抑えることができるのであれば、それにこしたことはないでしょう。汗を掻いたら拭く、と言う単純な作業でも多少は抑えることができます。

 

しかし、下着の腋の部分に染み込んでしまった分はもうどうしようもないですから、下着は取り替えるしかないです。これが大変なことでもありますが、実は効果的でもあります。腋をよく拭いて、クリームを塗り、下着も取り替える、ということをしていますと実は相当にワキガの臭いは消すことができるようになります。これが良い対策です。

 

クリアネオノアンデが人気です。

 

ワキガ対策や治療方法

 

昔からワキガ体質や脇汗に悩んできましたが、ワキガや脇汗に効くというグッズを聞いては手を出してきました。大体のものは薬局でも買える制汗剤でしたが、場合によってはインターネットのショッピングを利用して購入することもありました。化粧品ブランドが売っているロールオンタイプの制汗剤だったのですが、インターネットの通販のほうが、定価より安く買えることが多かったです。

 

ロールスティックの中に液が入っているのですが、それを塗ると糊のような膜が肌に付着するようなタイプになっていて、塗った部分が突っ張るような感じがしました。匂いはヨーグルトのような匂いであまりいいものとは言えないのですが、とりあえず試してみましたが、残念ながらぴたっと汗を止めるまでの効果はありませんでした。

 

これまで5種類ほどいいと言われた商品をそんな風に試してきたのですが、決定的になるものはありませんでした。ただ、日本の製品よりはまだ海外の製品の方がワキガ治療は進んでいるので、比較的効果は感じられるかなと個人的には思います。ボトックス注射や手術も考えていますが、値段の割に1回での効果の持続性がさほど長くないことや、手術痕が残ることから実行はしていません。