2014年5月17日(土) 国立遺伝学研究所 大学院説明会

NEWS

2013.05.09

会場のご案内(PDF:362KB)を掲載しました

MORE

PRINT

大学院説明会

専攻長からのメッセージ

大学院説明会のお知らせ

国立遺伝学研究所(遺伝研)では、「染色体・細胞」「発生・生殖」「脳科学」「エピジェネティクス」「進化・多様性」「ゲノム・大量情報」などのキーワードで、 イネ,シロイヌナズナ,マウス,ゼブラフィッシュ,ショウジョウバエ,線虫,酵母,大腸菌などのモデル生物やデータベースを用いた最先端の研究を行っています。 また、総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 遺伝学専攻として、大学院生の教育を行っています。 総研大のコンセプトは「優れた研究環境と人材を活用してトップクラスの研究者を養成する」です。 遺伝研は、研究者を目指す学生にとって最高の研究教育環境を提供しています。大学院説明会に参加し、すばらしい環境を体感してください。

開催概要

日時 2014年5月17日(土)13:00~17:30
場所 国立遺伝学研究所(静岡県三島市)
対象 遺伝研への進学に興味のある方
内容 展示パネルを用いた研究室の紹介、希望研究室の見学
(研究所および受験に関する詳しい資料も配布します)
交通
  • 東京駅からの無料送迎バスツアー
  • そのほかアクセス情報はこちら
  • ※ 大好評の無料送迎バスツアー(要事前申込)では、遺伝研の大学院生2名が同乗して
        遺伝研での研究や生活に関するさまざまな質問に答えます。

参加研究室リスト

pagetop

PRINT

遺伝学専攻について

総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 遺伝学専攻

総研大は、全国18か所の国立研究所を基盤とする、大学院だけの大学です。 遺伝研は、総研大 生命科学研究科・遺伝学専攻として、大学院生の教育を行っています。 学部卒相当を対象とする「5年一貫制博士課程」と修士卒相当を対象とする3年制の「博士後期課程」があります。

大学院生生活@遺伝研

遺伝研(総研大・遺伝学専攻)での学生生活について、大学院生のスピーチ動画がご覧いただけます。

※ 所属は2011年講演当時(現在は5年一貫制博士課程5年・川上研究室所属)

遺伝学専攻の特長

研究に集中できる環境

ひとりひとりの大学院生を全教員が指導するという理念により、きめ細かな指導を実践しています。最先端の研究機器や施設の充実だけでなく、小規模制研究室のため教員との密度の濃い議論が可能です。

盛んな研究者の交流

遺伝研は研究室間の合同セミナーや、他大学や他研究所の共同研究が活発なことで有名です。他研究室にも気軽に出入りできるため、幅広い知識や実験技法を学ぶ機会があります。また、生命科学研究科の大学院生による生命科学リトリート(合宿形式の研究会)が毎年開講されています。

最新の研究動向の把握

著名な研究者の発表を聞くことができるバイオロジカルシンポジウム、各分野の論文を紹介するジャーナルクラブやテキスト輪読会を定期的に開催しています。大学共同利用機関の研究所という特色を生かし様々な情報を得ることが可能です。

外国人英語専任講師による本格的な指導

教員が先輩科学者として伝えたいことを厳選し凝縮したオリジナル教材の使用、「英語で議論する力」を身につけるための討論形式による授業など、実践的な英会話能力の習得をめざします。これらの経験を生かすため、ポスター発表等は英語にて実施しています。

プレゼン力の向上

教員による「プログレス委員会制度」を設け、一人の学生を指導教員以外のプログレス委員が助言しています。所内の研究者に対してプレゼンやポスター発表を英語で実施し、ディスカッション能力の向上を図ります。

豊富な学生支援制度

RA(リサーチアシスタント)制度による学生への経済支援を実施し、3年次編入者はRA制度による入学料相当の補填を行っています。また、研究所内には宿舎が用意されており、新入生は優先的に入居可能です。

pagetop

PRINT

無料送迎バスツアー

東京駅⇔遺伝研 無料送迎バスツアー実施!

例年大好評の無料送迎バスツアーを実施します。往路は遺伝研で研究に従事している大学院生2名が乗車し、遺伝研での研究生活についてお話します。 質疑応答にも本音で応えるアットホームな雰囲気のなか、遺伝研や三島でのいろいろなことを紹介します。ぜひご参加ください。

集合時間 5月17日(土)9:00 ※時間厳守でお願いします
集合場所 JR東京駅 丸の内北口改札
内容
  • 東京駅⇔国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の送迎
  • 往路/バスツアー参加者自己紹介、大学院生の話、質疑応答など。
  • 復路/東京駅 到着時刻は20時頃を予定しています。
    (交通事情等により多少前後する可能性があります)
その他
  • バスツアーは要事前申込み、往路のみ乗車も可
  • 詳細は追ってご連絡します
  • お申し込み後、キャンセルの場合は必ずご連絡下さい
  • 途中サービスエリアでの休憩を予定しております
  • 昼食は各自でご用意下さい

私たちが同乗します

今井 亮輔

今井 亮輔 いまい りょうすけ
5年一貫制博士課程2年次(D2)
生体高分子研究室 前島研究室
メッセージ  ※総研大HPにジャンプします

中沢 信吾

中沢 信吾 なかざわ しんご
5年一貫制博士課程2年次(D2)
形質遺伝研究部門 岩里研究室
メッセージ  ※総研大HPにジャンプします

pagetop

PRINT

アクセス

遺伝研へのアクセス

■ JR三島駅まで
東京駅から
  • 新幹線「ひかり」で 約45分
  • 新幹線「こだま」で 約55分
  • JR「特急踊り子号」で 約98分
名古屋駅から 新幹線「ひかり」で 約80分
羽田空港から
  • 京浜急行線で品川駅まで 約20分
  • 品川駅より新幹線「ひかり」で 約37分
  • 品川駅より新幹線「こだま」で 約50分
■ JR三島駅から
バス 南口5番バス乗り場から出る、路線バスをご利用ください   [時刻表]
タクシー 新幹線ホームからは、北口タクシー乗り場が便利です。
三島駅から遺伝研までの所要時間は約15分(距離:約4km / 料金:約1,500円)です。
■ お車でお越しの場合

東名高速道路 沼津IC → 伊豆縦貫自動車道 三島塚原IC → 国立遺伝学研究所
沼津ICから遺伝研までの所要時間は約20分(距離 約12km)です。

Map

無料送迎バスツアー

東京⇔遺伝研 無料送迎バスツアーの詳細はこちら

pagetop

参加申し込み

お申込み方法

      

お申し込みは5/15(木)15:00をもちまして受付を締め切らせて頂きました。
沢山のお申し込みを頂き、誠にありがとうございました。

         

当日は多数の参加者が予想されます。一部の研究室ではひょっとすると十分に話をきけないことがあるかもしれません。 特にじっくりと話を聞きたい研究室がある場合は、事前にメールなどで教員に直接コンタクトしてみることをお勧めします。

参加研究室リスト

pagetop